•  
  • はてなブックマークに追加する

エコとトクを両立させる新しい生活スタイルの提案

2010年04月23日

私たちの活動は、今までの生活スタイルとリサイクル活動を共に見直し、より効率的で効果的なCO2削減が可能な方法を提案します。

私たちが日常生活を送る中で、知らず知らず排出しているCO2。 自動車を運転することで排出されるCO2量は、1リットルのガソリンを消費した場合、ペットボトル2000本分にも相当します。 このペットボトル2000本分のCO2を吸収する為には、松の木が4本必要になります。 私たちの活動で1日1リットルのガソリン消費を低減することができれば、経費削減はもちろん、ペットボトル2000本分のCO2低減も可能になるのです。

leaf_01-01.jpg

通常、一般消費者がリサイクル資源を廃棄するとき、市などで決められた資源ゴミの日に、道路に面した自宅敷地内(戸別収集)や地域で決められた集積場(拠点収集)に、決められた時間までに持ち込むことで、戸別や拠点へ収集運搬の車輌が収集にまわります。

leaf_01-02.jpg

この一般消費者の持ち込みなどから収集運搬に掛かるCO2の低減を推進するため、地域の生活道路近隣にリサイクル資源を24時間受け入れ可能な集積場「独立型リサイクルステーション」や地域のスーパーや店舗へ来た「ついで」に持ち込みできる「店舗型リサイクルステーション」を設置しています。 また、回収をおこなう車輌の燃料はBDFと呼ばれるバイオ燃料を使用することで、CO2排出の相殺を行い環境に配慮した収集をしています。

leaf_01-03.jpg

お買い物や通勤時の「ついで」で持ち込むことによって、CO2の削減が行えます。この「ついで」で持ち込んだ際のCO2排出量削減値を三重大学・応用環境情報学研究室との共同研究で数値化しています。
削減したCO2の数値は、リサイクルステーションやスーパーへリサイクル資源を持ち込み計量などをしていただくことで、設置した、ポイント機で確認できます。

ポイント機では、弊社が無料で配布しているICカード型の「環境カード」または、お財布機能付き携帯でポイント加算とCO2削減量の確認が行えるようになっており、利用者がトクとエコを体感していただけるスタイルを提案しているのです。

leaf_01-04.jpg

ポイントは1ポイント=1円で500ポイントより、商品券と交換などを行っています。ポイントの原資はリサイクル資源をリサイクルすることで、提携団体・協賛企業様へお支払いしています。