•  
  • はてなブックマークに追加する

スリーアール

Reduce(リデュース:減量)、Reuse(リユース:再使用)、Recycle(リサイクル:再資源化)の頭文字を取った言葉。廃棄物をできるだけ出さないための取り組みを表す。環境と経済が両立した社会を形成していくためのキーワード。毎年10月が推進月間とされている。個人単位の活動から、全国的に施行されているさまざまな法律までその対象範囲は幅広い。それぞれが同じ並びにあるわけではなくリデュース、リユース、リサイクルの順に取り組むことが理想的とされる。3Rのほかに、不必要なものの受け取りを断る「Refuse(リヒューズ:拒否)」、壊れても修理して使用する「Repair(リペア:修理)」を加えた「5R」もある。